しょうみょうだき 特徴 4段段瀑
称名滝 概要 称名滝は、立山連峰を源流とする4段の段瀑で、弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ち、称名川となった後に常願寺川へ注ぎ込みます。350 mというその落差において日本一を誇り、国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選に選定されています。解け水が多く流れ込む春などには、称名滝の左岸にハンノキ滝が現れて、2つの滝が流れ落ちる。また、特に流量が増した場合には、ハンノキ滝の右側にソーメン滝も現れて、3つの滝が並んだ光景を見ることができます。
地  域 16:立山/北西NW
山行日 2010.10.16、(曇)
 山行図  
Mapion 富山県立山町
滝悠遊-立山連峰
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
4段段瀑、落差:350m、落ち幅:10〜15m、滝壺:あり
第1段目が70m、2段目が58m、3段目が96m、最後が126m。滝壷の直径は60m、水深6m
水量が多い初夏の頃が
最も迫力のある季節です
滝に最も近い滝見台からの全貌
滝の足元
称名滝の全貌、右側の岩壁に濡れているところがハンノキ滝
八郎坂から標高差約230m登った所に第一展望台があります、標高:1270m
第一展望台からの称名滝
第一展望台からの霧に包まれる称名滝
左側の白い筋は、布滝でいたるところに見かけられます