滝悠遊-立山連峰
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
ハンノキたき 特徴 2段段瀑
ハンノキ滝1306 概要 称名滝は、立山連峰を源流とする滝で、弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ち、称名川となった後に常願寺川へ注ぎ込みます。500 mというその落差においては日本一を誇ります。しかし、渇水期には姿を消し、年間を通じての滝としての存在が認められないがために、滝百選の選定などには、対象外として外されています。雪解け水が多く流れ込む春などに、称名滝の右岸にハンノキ滝が現れて、2つの滝が流れ落ちまた、特に流量が増した場合には、ハンノキ滝と共にその右側に季節限定の幻の滝も現れて、3つの滝が並んだ光景を見ることができます。
地  域 16:立山/北西NW
山行日 2013.06.17、(晴)
山行図  
Mapion 富山県立山町
ハンノキ滝
   ↓
無名瀑
 ↓
称名滝
 ↓
称名川とハンノキ滝
称名川とハンノキ滝
遊歩道に落ち込むハンノキ滝
左:称名滝、右:ハンノキ滝
中央:ハンノキ滝、右:幻の滝
右側の断崖は悪城の壁と呼ばれます
2段段瀑、落差:500m、落ち幅:3〜10m、滝壺:あり、別名:ネハンの滝
水量が多い初夏の頃および豪雨の跡などの季節限定の滝です
右側にも季節限定の分岐瀑が現れています
山聲-TOP