ふきわれのたき 特徴 日本の滝百選、渓流瀑、天然記念物
吹割の滝0810 概要 尾瀬国立公園の南側の山々から流れ出た水が、片品川としてその存在を示す所にこの滝はあります。上流部は、川底が滑らかな岩肌の所を滑っていきますが、谷が狭まってくる所で、V字谷の両側から岩を割るように落下。滝のすぐ傍まで近づくことができることから、転落事故が多いとのこと。
地  域 10:追貝/南東N
山行日 2008.10.09、(晴)
山行図   
Mapion 群馬県沼田市利根町
山聲-TOP
滝悠遊-群馬県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
高さ7m、幅30m、滝壺:あり、渓流瀑
奇岩が1.5kmに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。滝は河床を割くように流れ
そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられたそうです
水の浸食により1年間で約7cm上流に向かって遡行しているそうで
将来的には、瀑布はかなり上流に移動することになるといわれています

2000年のNHK大河ドラマ『葵徳川三代』のオープニングにも登場した風景です
1936年12月16日に旧文部省より、天然記念物に指定されています
吹割の滝の上流にある浮島
左岸から右岸に島を経由して遊歩道として橋がかかっています
川底は滑らかな岩盤で、水は滑るように流れてゆきます
浮島の右岸上流
浮島の左岸上流
浮島の下流、前方に吹割の滝のてっぺんが見えます
浮島の右岸下流
浮島の左岸下流
吹割滝の全貌(2枚合成)
吹割滝の下流から上流右岸には特異な岩肌が・・・・