なませのたき 特徴 分岐瀑
滝川-生瀬の滝 概要 袋田の滝の上流にあり、4段ある袋田の滝の1段を切り取ったような構成で、姉妹滝といった規模で落差10m。滝の観瀑は、結構遠くからの眺めになりますが、それがかえって水の綺麗な部分と滝全体を視界の中に収めてくれます。観瀑台までは、袋田の滝下流の吊橋の所に階段が用意されていて、そこから登っていけます。と言っても、袋田の滝の上流にある滝なので、高低差120m以上、500段程ある急勾配の階段を登る必要があるためか、訪れる人は意外と少ない。遊歩道は整備されているものの、登山に適した靴で行く必要があります。
地  域 08:袋田/南西C
山行日 2014.09.13、(晴)
山行図
Mapion 茨城県久慈郡大子町
滝のてっぺん、暗くて奥が見えません
滝への階段遊歩道、120m以上登ることになります
滝への階段遊歩道降り
滝の全貌
滝の下流は滑滝、右の方に激しく流れています
滝壺
分岐斜瀑、落差:10m(目測)、落ち口:30m(目測)、滝壺:あり、別名:奥の滝
樹木が覆われて滝の全貌は観瀑台からは見えません
日中、太陽が出ているときは逆光で柔らかく、曇天のときは神秘的です
滝悠遊-常陸
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP