あきうおおたき 特徴 直瀑
秋保大滝 概要 秋保大滝は、名取川にかかる高さ55m、幅6m、文字通りの大滝で、日本滝百選の一つで、国の名勝にも指定されています。豪快で山間部の静かさをやぶる音がとどろいています。駐車場から観瀑台までは、遊歩道で10分ほどで行けます。また付近に遊歩道もあり、滝壺近くまで歩いて(約0.8km)いけるのですが、訪問時は、崩落で通行止めでした。
地  域 05:作並/南西C
山行日 2009.10.15、(晴)
山行図   
Mapion 宮城県仙台市秋保町
秋保大滝不動堂鳥居
ここが秋保大滝の入口
滝悠遊-宮城川崎
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
秋保大滝の上流部の渓流瀑
大滝のてっぺん右岸
観瀑台左上流からの大滝
よく見ると右下に小滝
秋保大滝は国指定名勝にもされ、那智の滝、華厳の滝と共に日本三名瀑※
(※袋田の滝、称名滝
   という説もあります)
に挙げられることもあります。
直瀑、落差:55m(表記)、幅:6m(表記)、滝壺:大きい、観瀑台からの滝の表情
大滝のてっぺん
滝壺への遊歩道通行止めの警告看板
観瀑台
 
小 滝
観瀑台からの大滝