ここのえゆめおおつりはし ルート ― ―
九重夢大吊橋
地  域 44:豊後中村/南東S 概要 大吊橋は2006年10月30日に開通。水面よりの高さ173m、主塔間の長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さです。なお、「世界一の専用歩道橋」としてギネスブックへの登録申請も行われたそうですが、認められなかったようです。幅員は1.5m、大人65kgの人が1,800人の荷重に耐えるように設計されています。ちなみに、主塔部分の標高は777mといわれますから、何か計算ずくのようにも思われます。中央部の床版は、すのこ状のグレーチングになっていて、右側通行です。下を見ることができますからスリルは少しだけあります。もちろん、小物類など落とせば川底に真っ逆さま。橋は、ワイヤーでしっかりと保持されていますから、揺れは気になりません。橋上からは、九重連山や日本の滝百選の震動の滝、九酔渓(鳴子川渓谷)の雄大な景色を望むことができます。開通以来、多くの方が訪れています。醍醐味の感じ方はそれぞれ・・・・
Mapion 大分県九重町
標  高
距  離
体力度 ―、Θ
山行日 2010.03.28、(曇/晴)
形  態 日帰自、3名
時  間
アクセス 自家用車、12:30
備  考 特に問題なし
山悠遊-大分/九重
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
山聲-TOP
左岸、メイン入口
吊橋に到着したのは09:00前
人出はまばら、警備員の方が目に付くほど
川底までの高さは173m
当然のことながら、人の心の隙間にささやきが
かけられる・・・・
完成以来、多くの人が訪れている
シーズンオフのこの日、驚くの人ではありませんでしたが、帰る頃には(10:30)
すれ違いがしにくくなっていました
左岸主塔部
左岸主塔部
右岸主塔部
右岸
左岸橋:主塔接続部
真ん中はグレーチングになっていて
小物は落ちてしまいます。
当然下が見えます・・・・
右岸展望所からの橋全景
右岸主塔部から
右岸駐車場から
右岸から
  ↑
震動の滝-雄滝
涌蓋山(わいたさん)
    ↓
九重連山
 ↓
涌蓋山
 ↓
左岸にもどり下流側から
左岸上流側、橋の下から
右岸からの震動の滝
    ↑
震動の滝-雄滝
  ↑
震動の滝-雌滝
吊橋中央部付近からの上流
吊橋中央部付近からの上流
  ↑
震動の滝-雌滝
     ↑
震動の滝-雄滝
吊橋は旧態のそれと違い、あまりにも頑丈にできているようにみうけられます。故に揺れも非常に少なく、恐怖感はほとんど感じません。吊橋の醍醐味は人の多さで半減
九重連山
 ↓