山悠遊-島根出雲
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
いちばたやくし(いちばたじ) ルート P(16:10)〜一畑薬師(16:30/16:50)〜P(17:10)
一畑薬師(一畑寺)
地  域 32:秋鹿/北西NW 概要 一畑寺は、臨済宗妙心寺派、及び一畑薬師教団の総本山。山号は醫王山(いおうざん)。本尊は薬師瑠璃光如来。縁起によれば、寛平6年(894)、漁師の与市(のち出家して補然と称する)が、海中から引き上げた薬師如来像を本尊とし、医王寺として創建したと伝わります。通称は一畑薬師。「目のお薬師様」として知られます。当初、天台宗に属しましたが、正中2年(1325)、石雲本竺が臨済宗南禅寺派寺院として再興し、寺号を成徳寺と改めました。承応2年(1653)には一畑寺に改名。寛政2年(1790)、妙心寺派に転属し現在に至ります。「一畑」 の名の由来は地名(薬草畑の番号)であるといわれています。今でもこの周辺には、畑の付く地名が残っていて、薬の栽培が盛んであったことがうかがえます。1138段余りの石段(参道)でも知られています。また、山頂まではドライブウェイがあり車であがることもできます。8万4千体の仏像が奉納されています。 
Mapion 島根県出雲市小堺町
標  高 220m/200m=20m
距  離 約2.0km、斜度:max15゜
体力度 5P、☆
山行日 2013.09.25、(雨/曇)
形  態 前後泊、3名
時  間 所要01:00/歩行00:30
アクセス 自家用車、07:30
備  考 特に問題なし
大山方面
宍道湖
 ↓
一畑提灯
観音堂
駐車場からの参道、108基の灯篭が立ち並んでいます
賓頭盧(びんずる)尊者
宍道湖
 ↓
書院屋根、法堂屋根俯瞰
見晴場からの東側パノラマ
八万四千仏堂
薬師本堂扁額「醫(医)王山」、「瑠璃光殿」
薬師本堂正面向拝
薬師本堂
薬師本堂側面
鐘楼堂
おみくじ結び所
十六羅漢像
薬師本堂正面全景
仁王門
薬師本堂への階段
法堂
書院
山門
山聲-TOP