山悠遊-兵庫但馬
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
たけだじょうし ルート P(12:05)〜竹田城址(12:25/13:20)
                    〜P(13:35)
竹田城址
地  域 28:但馬竹田/北東SW 概要 縄張りが虎が臥せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)。国の史跡に指定。城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城の異名をもち、日本のマチュピチュとも呼ばれています。東に立雲峡を望む標高:353.7mの古城山(虎臥山)の山頂に築かれ、縄張りは、南北約400m、東西約100m。天守台をほぼ中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭があります。廃城から約400年を経ていますが、石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模です。城の築城は室町時代(1431年頃)、山名の太田垣光影初代城主、現状の石垣は天正から慶長初期と推定されています。最後の城主は赤松広秀により現在の竹田城が完成、関ヶ原の合戦後廃城。
Mapion 兵庫県朝来市和田山町
標  高 353m/250m=103m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、☆
山行日 2013.05.08、(晴)
形  態 日帰り、2名
時  間 所要01:30/歩行01:00
アクセス 自家用車、03:30
備  考 特に問題なし
撮影日:2013.05.08

01 ホウの木の花
02 ホウの木の花
03 ホウの木の花
南千畳から南二の丸、天守台
南千畳から南二の丸、天守台
金梨山
 ↓
栗鹿山
 ↓
朝来山
 ↓
 ↑
立雲峡
栗鹿山
 ↓
 ↑
立雲峡
金梨山
 ↓
朝来山
 ↓

天守

本丸

花屋敷

中腹駐車場からの登山道入り口、模擬門
山中の彩り:03枚
竹田城址にて
 (兵庫県朝来市)
南二の丸から本丸、天守台石垣
南千畳から北東側展望
南千畳から南二の丸、天守台
南二の丸から本丸、天守台、二の丸
本丸から南二の丸
二の丸から花屋敷
二の丸から南千畳
二の丸から南二の丸、南千畳
二の丸から三の丸、大手門、北千畳
三の丸から大手門、北千畳
三の丸から本丸
北千畳から三の丸石垣
北千畳からの東側展望
竹田駅登山道出合

大手門

北千畳

三の丸

二の丸

南二の丸

南千畳

縄張り図
立雲峡からの竹田城址
立雲峡からの竹田城址
山聲-TOP