ながればし ルート −−−−
木津川流れ橋-0405
地  域 26:淀/南東E 概要 ながれ橋は木津川にかかる木製の橋で、日本最長と言われています。大水のたびに橋床が流れるところに特徴がある。そのことから『流れ橋』と呼ばれている。
  • 橋名:上津屋橋(通称:流れ橋、木津川流れ橋)
  • 橋長:355.9m
  • 幅員:3.0m
  • 構造:増水して橋桁まで水が達すると、全長を八分割して    ワイヤーで連結された橋床が流れる。橋床は、橋     桁に片方がつながれているため、流失することはな    い。減水後復元される。 
Mapion 京都府八幡市
標  高
標高差
距  離
体力度 Θ
山行日 2004.05.10、雨時々曇
形  態 日帰り、自家用車、3名
時  間 1:00、アクセス;2:00
備  考 転落注意
木津川河床から
橋げたを見上げる
下流:大阪方向
前方にある橋は第二京阪自動車道
八幡東IC
この橋の至近にあります
上流:宇治方向
2003.04.01から3回目の流れ橋です
前回は手前の岸辺が環境整備工事中だったため、このアングルは撮影できませんでした
今回、整備もなって砂利道の下まで降りてみました
前日来の雨で水量が増していて
橋上を歩くのも、欄干(手摺)がないために、チョットばかし腰が引けました
この上で映画の撮影がなされるようですが、仕事とはいえごくろうさまです
長さが約350m
予想以上に
長く感じました
橋の床板が
びっしりと
張っているので
恐怖感も
それほどでも
ありませんが
それなりに
スリルがあります
2003.04
 木津川流れ橋
山聲-TOP
山悠遊-京都府
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき