山悠遊-三重伊賀
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
三国塚
 ↓
高旗山
 ↓
いがうえの ルート P(10:30)〜上野公園(10:40/12:00/12:50)
〜芭蕉翁生家(13:10/13:40)〜寺院通り
〜天満宮・伊賀街道〜上野公園〜P(14:50)
伊賀上野
地  域 24:上野/南西SW 概要 伊賀盆地の中央部に位置し、その中心は上野城です。徳川幕府の黎明期に、築城の名手:藤堂高虎により整備された流麗な城です。当時の原形を留めるのは、内堀と日本築城史上最大級といわれる内堀の石垣が残ってます。天守閣は、昭和10年に木造で再建。黒沢明監督の「影武者」のロケ地にも使われました。また、城と共に知られるのは、松尾芭蕉の生誕地であり、そのゆかりの生家や俳聖殿、蓑虫庵があり、荒木又衛門の助太刀による「鍵屋の辻の仇討」の旧跡もあります。伊勢・伊賀二国に藤堂高虎が移封後、津(本城)と上野(支城)を結ぶ道は、伊勢街道と呼ばれるもっとも重要な官道で、伊賀はその起点です。その道を通り、津からは水産物や塩が、伊賀からは種油や綿などが運ばれ、大いに発展しました。伊賀流忍術の里としても著名で、城山公園には忍者博物館があり、手裏剣の投てきも楽しめます。ゆっくりと散策したい城下町です。
Mapion 三重県伊賀市上野
標  高 170m/160m=10m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、Θ
山行日 2014.0212、(晴)
形  態 日帰り、2名
時  間 所要04:20/歩行01:00
アクセス 自家用車、01:50
備  考 特に問題なし
上野市の町を散策していると六箇寺があまとまっている地区があります、甍線をスケッチしました
高旗山
 ↓
三国塚
 ↓
俳聖殿(八角堂、重文)、芭蕉の旅姿を建築で表現したもの
天守南側内堀石垣からの北西側パノラマ
クリックで拡大写真
天守南西側内堀石垣
天守南側内堀石垣
天守北西側
天守東側広場
釣月軒、芭蕉が処女句集「貝おほひ」を執筆したところ
天守西側
里の彩り:5枚
撮影日:2014.02.12
伊賀上野城にて
(三重県上野市)
01 ロウバイ似
02 ロウバイ似
03 紅梅゙
04 紅梅
上野天神宮の拝殿、平成22年7月の火災で焼失、平成24年9月再建
上野市街地からの上野城天守閣
上野城は、上野丸之内(上野公園)にあった平山城で、白鳳城、伊賀上野城とも呼ばれます
上野天神宮、立派な楼門があります
伊賀街道基点の道標
芭蕉生家裏庭にある無名庵跡、伊賀の芭蕉五庵の一つ
芭蕉翁生家
伊賀流忍者博物館
俳聖殿重層部見上げ
俳聖殿西側
天守西南側
南側門と天守東側を見あげる
天守南側
山聲-TOP