白壁と黒の腰壁、石垣と石畳、赤い橋と紅葉
色彩のハーモニーが奏でられます
※観光客をフレームからはずすのが至難です
赤味かけた樹木のお出迎え
最初に目に飛び込んでくる赤い橋(医王橋)
ここを渡って境内へ・・・・
よこくらじ ルート 彦根(07:00)〜夜叉ヶ池ハイキング(08:50/12:50)
〜横蔵寺(14:00/15:00)〜彦根(17:00)
横蔵寺2007
地  域 21:谷汲/北東W 概要  横蔵寺は、谷汲山華厳寺の西方の奥まった山間の小さな盆地に位置し、平安時代〜鎌倉時代の仏像等、多くの文化財を有する古寺です。草創や沿革について不明。寺伝によれば、横蔵寺は最澄が自作の薬師如来を安置して創建した寺とされています(創建年は801年あるいは805年とも)。創建当時の横蔵寺は、現在地から奥に入った山の頂上付近にあり、現在地に移ったのは近世初期。鎌倉時代には38坊を有する大寺院だったといわれています。元亀2年(1571年)、織田信長の兵火で焼失し、現在ある本堂、三重塔、仁王門などの主要伽藍は江戸時代の復興です。また、「ミイラのある寺」としても知られ、木漏れ日が落ちる参道をのんびりと散策するのも一興です。秋、紅葉で彩られた境内は、喧騒の中に埋ってしまいます。ここから尾根伝いに山越え(東海自然歩道:約12km)すると、西国三十三箇所の華厳寺「谷汲さん」に行くことができます。
Mapion 岐阜県揖斐川町谷汲
標  高
標高差
距  離
体力度 Θ
山行日 2007.11.10、(晴)
形  態 日帰り、自家用車、7名
時  間 1:00、アクセス:2:00
備  考 -
山聲-TOP
山悠遊-岐阜県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
仁王門(背面、楼門:三間一戸桧皮葺)
右下に見える建物は客殿・庫裏
仁王さんのわらじ
仁王門(階段下から)
石垣塀からの仁王門

昼なお暗い階段を上ります
高揚感を増すように
石垣と白壁の絶妙の
コントラストで演出しています

11月18日から、もみじ祭り
ライトアップで楽しめます
仁王門:階段下から
仁王門前から階段下・・・・
庫裏・客殿への門
仁王門右脇からの三重塔
三重塔(西を正面)
本堂(三重塔前から)
本堂左側
本堂の左参道
境内の紅葉
東海自然歩道の標識背面の建物は瑠璃殿(寺宝館:仏像などを安置)
横蔵寺山上旧跡(現在は公園)
境内で一番赤かったカエデ
横蔵寺は、正式名は両界山横蔵寺と呼ばれます
両界とは、金剛界(大日如来を智慧の方面から明らかにした部門)と胎蔵界(大日如来を慈悲・理(真理)の方面から解いた部門)を示します
密教で説かれる世界(広辞苑)
観音堂脇を包む紅葉
舎利堂前からの紅葉
飛鳥川の紅葉
医王橋の上流にかかる赤い橋
仁王門裏から見上げる三重塔