がりゅうざくら ルート 発(8:30)〜東海北陸道:郡上八幡IC
〜せせらぎ街道〜臥龍桜〜飛騨古川
〜中部縦貫自動車道:高山西IC〜着(20:00)
臥龍桜
地  域 21:三日町/南東SE 概要 樹齢が1000年余りで根尾の淡墨桜に次ぐ古木で、高山市の南約6kmのところ、一之宮町にあります。宮川(高山市内を流れる宮川の上流にあたる:富山県で川の名称を神通川と改め、日本海に流れ出る)に面する南斜面にあり、堤防付近にも約500本の桜が植栽され、桜の名所として多くの観光客が訪れます。龍が臥しているようだということで命名されたとの言い伝えがあります。江戸彼岸桜で4月中旬〜下旬に開花するといわれます。
Mapion 岐阜県高山市
標  高
標高差
距  離
体力度 Θ
山行日 2002.04.28、晴
形  態 日帰、自家用車、3人
時  間 −、アクセス:3:30
備  考 --
標識には
次のように書かれています

臥龍桜(がりゅうざくら)
樹種:江戸彼岸桜
樹高:20m、目通り:6.84m
    4月下旬開花する
樹齢:一千年余で
   県下で淡墨桜に次ぐ
   第二位の古木
国の天然記念物指定
   :昭和48年5月26日
駐車場から
JR高山線飛騨一之宮駅の
ホーム跨線橋を通り
公園に向かいます
線路の向こうが高山方向です
 この老木の桜は、ちょうど龍が臥しているようだというので、大幢寺(だいとうじ)第20世道仙和尚が臥龍桜と命名したといわれる。枝が折れて地につき、発根して母樹より養液不要となり、そこまでの部分が枯損した。昭和34年伊勢湾台風の折、龍の首の部分が折れた。然し頭部が一本立となり原形を留めている。樹下の枯木はそれである。
いろんな方向から
撮影してみました
山聲-TOP
山悠遊-岐阜県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき