大望峠;戸隠高原から
鬼無里村への峠道(標高:1,000m付近)
のどかな村里が開ける
天候がよければ遠く
北アルプスの槍ヶ岳が望めるという
雲に隠れている右前方の山は、戸隠連山
自然園バス停から徒歩20分
奥裾花自然園到着
ミズバショウとブナの
原生林が出迎えてくれます
桜が満開
残雪もあり
木々には新芽が芽吹き
冬と春と初夏が入り混じった
不思議な光景です。
きなさ/おくすそばな ルート 戸隠発(07:30)〜大望峠〜鬼無里バス停(10:00)
〜奥裾花自然園(10:20)〜散策(10:50/11:50)
〜バス停(12:40)〜戸隠立寄(15:30)〜帰着(21:30)
鬼無里/奥裾花
地  域 20:雨中/北東SE 概要 まず、注目するのが土地の呼び名です。「鬼無里:きなさ」といい、「奥裾花:おくすそばな」といい、とても難解です。また、西の京や東の京といった、京の都の地名があちこちに点在する、不思議な山里です。裏戸隠連山と白馬の東山連山の間に挟まれた谷に広がる、僅かな平地にいくつかの伝説が伝えられています。この時期、本州一の水芭蕉の群生地として多くのハイカーが訪れます。また、奥裾花渓谷に代表される、岩と水のハーモニーは、雪解けのミズバショウ、秋の紅葉と、私たちを虜にしてやみません。
Mapion 長野県長野市鬼無里
標  高
標高差
距  離 約6.0km/5.0km
体力度 Θ
山行日 2003.05.12、(曇・晴)
形  態 1泊、自家用車、4名
時  間 2:00、アクセス;5:00
備  考 -
戸隠〜鬼無里 旅行 2日目
大望峠から鬼無里に向かう道
ヘアピンカーブの連続で一気に里へ
ここから公園へは
約1時間の道のり
奥裾花:自然園の入口
バス停に自家用車を止め
シャトルバスで公園まで
歩けば約40分
戸隠より奥まった所にあるため
水芭蕉は開花した所です
もう1週間もすれば・・・・
冬:雪
春:桜
初夏:新緑
不思議な取り合わせです
山聲-TOP
山悠遊-長野県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
アルバム 戸隠/鬼無里
      はこちらからどうぞ(59枚)
 一部に本ページと重複写真があります