山悠遊-石川能登
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
のとこんごう-がんもん ルート P(16:40)〜巌門(16:50/17:10)〜P(17:20)
能登金剛-巌門
地  域 17:富来/南東SE 概要 能登金剛は、能登西海岸にある景勝地で、約30kmに亘って奇岩、奇勝、断崖が連続する海岸であり、能登半島国定公園の代表的な景観の一つです。松本清張の小説『ゼロの焦点』(1959年刊行)の舞台となったことで、全国にその名を知られることになりました。一帯の海岸は日本海の荒波によって浸食されたもので、名称は朝鮮半島有数の景勝地、金剛山に因み、それに匹敵する景観という意味合いを持つと言われます。見所としては巌門、関野鼻、機具岩、ヤセの断崖、碁盤島、吹上滝、増穂浦、玄徳岬などがあります。その代表的な景観地:巌門を訪れました。巌門は、波食によって形成された天然の洞門で、幅6m、高さ15m、奥行き60mにも及ぶ大規模なものです。周辺には千畳敷の岩場や塔状の鷹の巣岩などがあり、鷹の巣岩や機具岩(はたごいわ)、碁盤島を巡る遊覧船も出ています。断崖の上は遊歩道となり、海岸が俯瞰できます。
Mapion 石川県羽咋郡志賀町
標  高 30m/0m=30m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、☆
山行日 2012.05.24、(晴)
形  態 日帰り、2名
時  間 所要00:40/歩行00:30
アクセス 自家用車、04:00
備  考 磯場波注意
千畳敷岩の夕日
猪ノ鼻
 ↓
猪ノ鼻
 ↓
猪ノ鼻
 ↓
関野鼻
 ↓
関野鼻
 ↓
幸せのがんもん橋
猪ノ鼻
 ↓
猪ノ鼻望遠
千畳敷岩
巌門
関野鼻
 ↓
断崖下の浸食
断崖に架かっている橋は「幸せのがんもん橋」
千畳敷岩
橋上からの千畳敷岩俯瞰
千畳敷岩からの橋見あげ
クリックで拡大
千畳敷岩からのパノラマ
巌門案内標識
巌門から少し北のパーキング(名前は失念)からの展望
山聲-TOP