とうのへつり ルート ― ―
塔のへつり
地  域 07:湯野上/南西C 概要 「へつり」とは、会津地方の方言で、川岸が切り立った崖となっている所という意味で、その形状が塔のような形をしている事から「塔のへつり」と呼ばれています。この「塔のへつり」は大川ラインにある渓谷で、凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いに構成されている事で、それぞれ浸食の度合いが異なり独特の景観を創り上げています。100万年の歳月をかけて形成された景観は、古くから信仰の対象にもなっています。10の塔状の奇岩は、全長200mにわたり整列し、それぞれ「鷲塔岩・鷹塔岩・獅子・屋形・櫓・九輪・尾形・象・護摩・鳥烏帽子」と名付けられています。駐車場のある岸辺から対岸へは、吊橋でわたることができ、奇岩巡ることができます。洞窟には虚空像菩薩が祀られ、古くから自然崇拝的な信仰があったのかも知れません。塔のへつりは、河食地形の奇形を呈する好例として、昭和18年(1943年)に国指定天然記念物に指定されています。
Mapion 福島県南会津郡下郷町
標  高 440m/410m=30m
距  離 約--km、斜度:max--゜
体力度 --P、Θ
山行日 2009.10.12、(晴)
形  態 後宿泊、3名
時  間 所要00:40/歩行--
アクセス 自家用車、09:20
備  考 特に問題なし
山悠遊-福島会津
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
山聲-TOP
岩壁に夕日が射し、色づき始めた木々が秋の到来を告げ、川面に侵食岩が映えています
塔のへつりの入口
入口から眺めた吊橋
展望所から眺めた吊橋
ハイライトゾーン:対岸展望所からの眺め
吊橋を渡ると岩の廊下を通ります
展望所
 ↓
 ↑
入 口
岩の廊下を通る人・・・・
対岸に渡り、川面に近づき岩の横顔を見つめます
色づき始めた木々を添えて・・・・
信仰:侵食された岩洞内に積み上げられた小石
「へつり」とは、川岸が切り立った崖となっているところのことを言います。
また、釣り人などがこのような場所の少ない足場を頼りに川沿いなどを進むことを「へつりをする」というそうです
虚空菩薩像が祀られる洞窟の入口
洞窟の内部
創建は大同2年(807年)に坂上田村麻呂が
開いたものだとされています