かいがけ-びょうぶいわ/ふじのてら ルート 駐車場(13:0)〜正法寺:藤の寺      
        〜屏風岩〜駐車場(13:40)
鎌掛-屏風岩/藤の寺
地  域 25zc:土山/北西C 概要 日野町の南東部にある滝谷に屏風岩という巨岩があります。刃物で切り取ったような滑らかな平面をしています。もともと、六曲屏風を立てたような巨大な岩だったそうですが、江戸時代に建材用に切り出され、現在は三分に一のみが残っているそうです。国の天然記念物に指定され、ています。また、近くには、臨済宗妙心寺派の正法寺があり、樹齢三〇〇年の藤が、毎年見事に咲くところから、「鎌掛の藤の寺」として、多くの方が訪れます。この藤は、花房の長さが1m近くにもなり、「後光藤」という名で呼ばれています。五本の幹からなるこの藤は、正法寺の開基である普存禅師が京都から苗木を移植し、寺の興隆と共に咲き続けてきたという歴史が感じ取られます。近くにある鎌掛谷には、「鎌掛のホンシャクナゲ群落」として知られる石楠花の咲く渓があります。
Mapion 滋賀県日野町
標  高 260m/230m=30m
距  離 約 1.0km
体力度 Θ
山行日 2006.05.09、(雨・曇)
形  態 日帰り、2名
時  間 所要--/歩行--
アクセス 自家用車、01:00
備  考 藤:開花時期要問合せ
石造宝塔(重文)
鎌倉時代(正和四年-1315年)
本堂前庭園、藤棚は、左奥にあります
正法寺の入口、正面が本堂
大岩から
崩れ落ちてきた岩です
層になっている状態が
わかります
岩石は
粘板岩と珪岩より成っています
この付近一帯の山々が
鈴鹿山系の造山運動による
褶曲
(しゅうきょく)作用をすべて
受けているにもかかわらず
この付近のみが
全くその作用を受けず
幅2〜3cmで
交互に重なる岩層は
すべて直線的です。
それにしても砥石で磨いたようなきれいな平面です
屏風岩の全貌
左下のほうにあるのも
大岩から崩れたものです
天然記念物
2005年2月1日現在
全国で971件が指定されています
うち 75件が特別天然記念物
滋賀県には 12件が指定を受けています
(うち、5件が日野町にあります)
鎌掛のほんしゃくなげ群落
綿向山麓の接触変成帯などもその一つです
ちなみに、滋賀県指定の天然記念物は、2000年3月10日現在、6件です
       (滋賀県教育委員会-抜粋編集)
鎌掛の屏風岩(天然記念物:昭和18年8月24日指定)
鎌掛の滝谷川右岸に位置する城山の山腹にあるこの屏風岩は、長さ約31m、幅約7m、厚さ約4mの一大巨岩です。・・・・中略・・・・
以前は、現在の三倍程の大きさで、六曲の屏風を山腹に立てたような形でしたが、江戸時代に石垣用などの石材として数多く切り出され、古来より、日野地方ではここのみに産する奇岩とも言われています。           (滋賀県教育委員会-抜粋編集)
滝谷にある小滝
詳細 はこちらから
滝谷川、屏風岩は明るい所の左上にあります
屏風岩への道
山行をしていますと
時々自然の妙に出会うことがあります
地球創造以来、天文学的な時空を経て
それらは現在私達の目の前にあるわけです
それを思うとき、畏敬の念を禁じえません
大切にしたいものです        (山葵友)
藤棚の右半分
まだ三分咲き、紅白の幕が無粋です
他にも自動販売機なども・・・・
藤棚の左部分
普門山 正法寺(ふもんざん しょうぼうじ)
鈴鹿国定公園内の観光地「藤の寺」の名で広く知られているこの寺は、十一面観音立像を本尊とする臨済宗妙心寺派の禅寺で、もと八坂神社の脇にあった観音堂を、元禄5年(1692年)に普存
(ふそん)という禅僧がここへ移して再興し、同時に境内に藤も植えました。後光藤(ごこうふじ)と名付けられているこの藤は、樹齢は300年を越え、藤房が特に長く、開花時期には多くの人々が訪れます。本堂横の山手に石造多宝塔(重文)があります。
          (日野観光協会-抜粋編集)
山聲-TOP
山悠遊-滋賀南鈴鹿
《豆知識》
屏風数え方
六枚のパネル(扇)の
ものを六曲と呼び
左右対の場合は「一双」
単独の場合は
「一隻(せき)」と呼びます
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき