山悠遊-滋賀湖東
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
きょうりんぼう ルート P(13:50)〜教林坊(14:05/15:35)〜P(15:45)
教林坊
地  域 25en:八日市/北西S 概要 教林坊は、天台宗の仏教寺院。本山であった観音正寺の坊舎(塔頭)として聖徳太子により開かれたと伝わり、石窟に祀られた伝聖徳太子作の石仏赤川観音を本尊とされています。寺名は繖山麓に位置する境内の林の中で聖徳太子が観音様あのお告げにより、林の中で説法したことに由来します。竹林と紅葉の名所および石の庭園で知られています。正式名称は、繖山正覚院教林坊。書院西面庭園は、「遠州庭園」: 桃山時代、伝小堀遠州作といわれ、巨石を用いて枯れ滝・鶴島・亀島などを表す池泉回遊式庭園です。古墳の石室蓋石など当初からあった巨石もそのまま庭石として生かされています。境内の地面は至るところで苔生して古刹然としており、庭には苔生した庭石、巨石が点在しています。この様を白洲正子は、著書『かくれ里』で『石の寺』と題し紹介しています。紅葉のシーズンにはライトアップもされ、幽玄の世界が演出されています。
Mapion 滋賀県近江八幡市安土
標  高 120m/110m=10m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、Θ
山行日 2012.12.037、(晴)
形  態 日帰り、2名
時  間 所要01:55/歩行00:40
アクセス 自家用車、00:50
備  考 特に問題なし
上の写真をクリックするとスライドショー(自動)がご覧いただけます
最高画質、最大画面でご覧ください
池の落ち葉
手水鉢、水琴窟
遠州庭園
赤川観音と太子の説法岩
土蔵屋根の落葉
土蔵と紅葉
境内遊歩道
滑画
帰りの表門
教林坊にて
 (滋賀県近江八幡市)
山里の彩り:12枚
撮影日:2012.12.03

01 紅葉
02 紅葉
03 紅葉
04 紅葉
05 紅葉
06 紅葉
07 紅葉
08 紅葉
09 紅葉
10 紅葉
11 紅葉
12 紅葉
掛軸障子、外は遠州庭園
庭園石組みの落ち葉
吊灯籠
手水鉢の落ち葉
本堂吊灯籠
本堂縁側
本堂の紅葉
庫裏の紅葉、右下遠州庭園
庫裏の紅葉
表門
参道石段
参道の紅葉
総門
山聲-TOP