歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
たかまつじょうし ルート 高松城址(13:50/15:50)
高松城址
地  域 37:高松北部/南西SE 概要 高松城は、別名:玉藻城(たまもじょう)、城郭構造:輪郭式平城、築城主:生駒親正、築城年:天正18年(1590)、主な改修者:松平頼重・松平頼常、主な城主:生駒氏、松平氏、廃城年:明治2年(1869)、遺構:櫓・門・渡櫓・石垣・堀、重要文化財:北の丸月見櫓・水手御門・渡櫓・旧東の丸艮櫓・披雲閣、天守構造:独立式層塔型3重4階地下1階(1669年改・非現存)、国の史跡。別名:玉藻城は、高松城周辺の海域が玉藻の浦と呼ばれていたことに由来するとされています。高松城は、豊臣秀吉の四国制圧の後、天正15年(1587)、讃岐国の領主となった生駒親正によって、「野原」と呼ばれた港町に築かれました。現在見られる遺構は、江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものです。城郭の形式は輪郭式平城で、本丸を中心に二の丸、三の丸、北の丸、東の丸、桜の馬場、西の丸が時計回りに配置され、3重に堀が廻らされていました。
Mapion 香川県高松市玉藻町
標  高 06m/02m=04m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、☆
山行日 2018.03.14、(晴)
形  態 後泊:3名
時  間 所要02:00/歩行00:30
アクセス 自家用車、05:00
備  考 特に支障なし
披雲閣庭園、中奥に月見櫓
披雲閣庭園裏門
月見櫓(つきみやぐら)
月見櫓・水手御門・渡櫓
鞘橋内部
披雲閣西側
水手御門(みずてごもん)
本丸から鞘橋への枡形
天守台からの披雲(ひうん)閣
天守台からの水門望遠
桜御門跡
艮櫓(うしとらやぐら、旧太鼓櫓跡)
披雲閣庭園西門背面
披雲閣庭園
旭橋
高松城は、かつては城壁が瀬戸内海に直接面し、外濠・中濠・内濠のすべてに海水が引き込まれ、城内に直接軍船が出入りできるようになっており、水軍の運用も視野に入れ設計されていた日本初の本格的な海城(うみじろ、城郭)です。
海城は、臨海にあって海を水運(海運)と防御に用いた城郭の形式であり、山城や平城などの立地に基づく分類とは異なり、平城の海城、山城の海城も存在します。海城は海運を押さえるため、舟の運用が不可欠であり、係留する施設として舟入や船着場が設けられたり、水堀の一部を舟入に兼用することが行われています。日本の主な海城は19城あり、このうち、高松城(讃岐国)・今治城(伊予国)・中津城(豊前国)は、日本三大海城(あるいは三大水城)と呼ばれています。また、この3城に桑名城(伊勢国)・三原城(備後国)を加えて、五大水城とも数えられています。
旭橋と旭門:帰路
披雲閣(ひうんかく)右正面
披雲閣庭園の銀閣寺手水鉢
披雲閣庭園東露地一の門正面
披雲閣庭園東露地一の門背面
披雲閣庭園東露地二の門正面
披雲閣庭園東露地二の門背面
披雲閣庭園
披雲閣庭園裏門背面
披雲閣庭園裏門正面
鞘橋:帰路
「高松城の歴史・天守台石垣の修理工事」案内板
「高松城天守地下一階の発見」案内板
天守台からの艮櫓
天守台からの鞘橋俯瞰、中央は二の丸、右奥に水門
天守台からの披雲閣庭園、左奥に水門
天守台
本丸からの天守台
鞘橋(さやばし)、奥の石垣は天主台、石垣の三倍が屋根の高さです、その大きさを想像できますか
二の丸跡からの鞘橋
披雲閣西門からの鞘橋、左の石垣は天主台
披雲閣西門背面
披雲閣西門額縁
披雲閣西門正面
桜御門跡前からの内堀、中央の高い石垣は天主台
桜の馬場からの艮櫓
旭門
旭橋と旭門
旭橋からの艮櫓
クリックで案内板拡大
クリックで案内板拡大
クリックで案内板拡大
クリックで案内板拡大
クリックで案内板拡大
クリックで案内板拡大
鉄門(くろがねもん)跡
クリックで案内板拡大
高松城址(玉藻公園)案内図
山聲-TOP
山悠遊-香川