歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
みてら せんにゅうじ 概要 泉涌寺は、真言宗泉涌寺派総本山の寺院。山号は東山(とうざん)または泉山(せんざん)。本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏。平安時代の草創と伝わりますが、実質的な開基(創立者)は鎌倉時代の月輪大師(がちりんだいし)。東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓に広がる寺域内には、鎌倉時代の後堀河天皇、四条天皇、江戸時代の後水尾天皇以下幕末に至る歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺(みてら)泉涌寺」と呼ばれています。
御寺 泉涌寺
地  域 26:京都東南部/北西C
Mapion 京都市東山区泉涌寺
山行日 2016.02.17、(晴)
開山の月輪大師は、若くして仏門に入り、宗にわたり仏法の奥義を極め、三蔵(経・律・戒)の内の律を基本に、天台・真言・禅・浄土の四宗建学の寺として隆盛させました。平安時代初期に草創された前身寺院が、平安時代後期には荒廃していたのを、鎌倉時代に再興されたものと推定されています。寺号の由緒は、寺地の一角より霊泉が湧いたので、寺号を泉涌寺とした伝わります。

大門(重文) 詳細はこちら

大門から眺める仏殿

仏殿(重文)

仏殿説明書き

仏殿左正面

仏殿右正面見上げ

仏殿右背面

仏殿入母屋妻部見上げ
舎利殿
謡曲『舎利』説明板

舎利殿説明書き

舎利殿南側面

舎利殿北側面

舎利殿左正面遠景

舎利殿入母屋妻部見上げ

舎利殿と右に霊明殿唐門

霊明殿唐門 詳細はこちら

霊明殿正面

築地塀越しの霊明殿屋根

霊明殿南側

霊明殿入母屋妻部見上げ

月輪陵通用門 詳細はこちら

月輪陵墓尊名

月輪陵唐門 詳細はこちら

築地塀に沿って本坊へ・・・・

正面に舎利殿、右に霊明殿唐門

御座所勅使門 詳細はこちら

本坊門前にある上屋:井戸のようです

本坊表門 詳細はこちら

本坊庫裏

本坊玄関

本坊前庭園

御座所縁側から霊明殿入母屋見上げ

御座所縁側庭園

御座所庭園

御座所庭園

御座所庭園

御座所庭園

月輪陵前広場への通用門

御座所縁側手水鉢 詳細はこちら

庭園結界石

結界石と飛び石

庭園蹲(手水鉢) 詳細はこちら

庭園灯篭

庭園灯篭

庭園灯篭

池と庭石

泉涌水屋形と清少納言歌碑

泉涌水屋形

泉涌水屋形説明板

水屋形の表札と水流を表現した欄間

水屋形の結界

水屋形取水場

清少納言歌碑
 清少納言歌碑
『 夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ 』

夜のまだ明けないうちに、鶏の鳴き真似をして人をだまそうとしても
函谷関(かんこくかん)ならともかく
この逢坂の関は決して許しませんよ
(だまそうとしても、決して逢いませんよ)
という清少納言の有名な歌
清少納言は、中宮定子(一条天皇の皇后)が没した翌年に宮仕えを辞去し、
晩年は、鳥辺野近くのこの泉涌寺の辺りに隠棲し
定子の眠る鳥辺野の御陵を拝しながら生涯を終えた、と言い伝えられています

浴室

浴室の説明板

仏殿前からの大門参道(かなりの勾配です)

仏殿、本坊門前広場見返り

鐘楼

楊貴妃観音堂参道

楊貴妃観音堂

観音堂扁額『楊貴妃観世音菩薩』

楊貴妃観音堂案内板

山内(境内)案内板
   
山聲-TOP
探訪記-京都東山