歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
まんねんざんてんねいじ ルート 天寧寺(09:20/10:20)
満年山天寧寺
地  域 25znw:彦根東部/南西C 概要 天寧寺は、宗派:曹洞宗、山号:満年山、創建:文政5年(1822)頃、開基:井伊直中、開山:寂室堅光、本尊:聖観音菩薩。文政2年(1819)、彦根城下の宗徳寺が移転し、文政5年頃寺号を変えて成立しました。移転以前の文化8年(1811)に本堂が、その後に羅漢堂(仏堂)が建てられました。この堂宇移転を行ったのは、井伊氏11代藩主:直中(井伊直弼の父)です。伝承によると、腰元・若竹が不義の子を妊娠したとの風評を耳にしたため、藩の法度として死罪に処したところ、不義の相手が藩主直中の長子・直清だったことが判明し、自分の過失で手打ちにした母子の追善供養のため、寂室堅光のすすめで発願建立しました。五百羅漢像は、自分の探し求める人に必ず会えるといわれ、「亡き親・子供に会いたくば五百羅漢の堂に籠れ」といった伝承も広く知られています。寺は、彦根市街地の東方・里根山の中腹にあり、彦根城が西に望めます。
Mapion 滋賀県彦根市里根町
標  高 112m/110m=02m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、Θ
山行日 2018.05.11、(晴)
形  態 日帰り:1名
時  間 所要01:00/歩行00:10
アクセス 自家用車、00:10
備  考 特に支障なし
開版(かいぱん)、魚ぱん(かいぱん)、魚鼓とも呼ばれます
雲版(うんぱん)
本堂脇から西側展望:彦根市街地が一望できます
墓所入口
法堂(本堂)右正面と石庭
仏堂(羅漢堂)布袋像
仏堂(羅漢堂)内部 座禅席
仏堂(羅漢堂)内部 羅漢像
仏堂(羅漢堂)内部 羅漢像
生垣越しの仏堂(羅漢堂)
雨壺山
 ↓
荒神山
 ↓
西南方向展望
クリックで拡大
仏足石
クリックで顕彰碑拡大
クリックで案内板拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
庫裏(帰路)、左に仏堂(羅漢堂)
彦根城天守が望めます
境内社:稲荷社
彦根岩組行者堂
井伊文子(井伊直弼の孫の妻)の歌碑
たか女の碑
長野主膳墓碑傍の句碑
長野主膳墓碑
長野主膳之墓
井伊直弼公供養塔
仏堂(羅漢堂)前庭、左に長野主膳墓、たか女供養塔、中に井伊直弼公供養塔
法堂(本堂)書院庭
法堂(本堂)背面甍、中奥に仏堂(羅漢堂)甍、中央は庫裏
法堂(本堂)扁額
法堂(本堂)向拝
法堂(本堂)左正面
法堂(本堂)正面
石庭案内板
布袋像の傍にあった立札
仏堂(羅漢堂)内部
案内板
仏堂(羅漢堂)右背面
仏堂(羅漢堂)左背面
仏堂(羅漢堂)の側廊
仏堂(羅漢堂)の入母屋屋根と裳階
仏堂(羅漢堂)右正面
仏堂(羅漢堂)左正面
仏堂(羅漢堂)正面
駐車場からの仏堂と庫裏
参道からの仏堂(羅漢堂)
急な坂道の参道
山聲-TOP
山悠遊-滋賀北鈴鹿