探訪記-滋賀野坂
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
おおあらひこともゆいじんじゃ 概要 仲仙山の東山麓に建ち、本殿扁額には、「大荒比古 鞆結 神社」の文字。創祀年代:不詳。扁額にもあるとおり、大荒比古神社と鞆結神社の二社並立の神社です。ともに、式内社の論社で、旧社格は郷社。鞆結神社は、仲哀天皇の時代に創建されたと伝わり、大荒比古神社は、もと荒乳山の山麓に鎮座していましたが、文保年間(1317-1319)、水害により鞆結神社に合祀されたと伝わります。旧地は、知内川が越前境から南下し大きく西方に迂回するところだといわれます。
大荒比古鞆結神社
地  域 25wn:海津/北西E
Mapion 滋賀県マキノ町浦
山行日 2015.12.09、(晴)

鳥居(両部鳥居)正面

鳥居背面

鳥居の足元にあった百度石

階段参道、神社標柱

拝殿正面

手水舎

吐水龍

境内、本殿、拝殿

境内社、本殿、拝殿

本殿正面遠景

本殿左正面

本殿右正面

脇社殿

扁額「大荒比古鞆結神社」

境内社と脇社殿背面、本殿屋根

本殿からの拝殿背面

境内社鳥居

「大神宮」の灯篭が二基

神社社家パノラマ、表門 詳細はこちらから

小荒路からのパノラマ(240〜50°)
左側溝の延長線上に仲仙寺山、その東側山麓に大荒比古鞆結神社があります
右の小高い山の山麓は、大荒比古神社の旧地で、知内川の水害で移転したとされています
中央:剣熊4△、右の谷あいを進むと敦賀に抜けます
左奥の山並みは大谷山(県境)山系、禿げているところが寒風山です 
   
山聲-TOP