歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
探訪記-滋賀野坂
かいづおおさきしゅうへん 概要 国定公園の琵琶湖岸は、景勝の地として優れていますが、海津大崎の岩礁は、その景観を誇る一つです。陽光にきらめく静かな湖面に、東山を主峰とする山塊が背後に控える様は、平坦な地形の多い琵琶湖周辺において、神秘的な雰囲気をかもし出しています。また、桜の名所としても知られ、車の渋滞をよそに、湖上からも眺められるとあって、地元の船タクシーはもちろんのこと、彦根や長浜港などからも観桜の船がでています。
海津大崎周辺
地  域 25wn:海津/北東C
Mapion 滋賀県マキノ町海津
山行日 2016.04.09、(晴・霞)
海津大崎付近には、多くの桜が植えられており観桜の名所で、「日本さくら名所100選」に選定されています。桜並木は、昭和11年(1936)に大崎トンネルが完成したのを記念して植樹されたものです。
満々と水をたたえる琵琶湖の青と、東山連峰の緑の間を、桜の花びらが帯状に延びる景観は、奥琵琶湖に春の訪れを告げる代表的な風物詩です。例年4月中旬には、延長約4kmにわたって約600本のソメイヨシノが咲き誇り、美しい花のトンネルを散策する多くの観光客でにぎわいます。反面、車の大渋滞や、湖上に集う小型船舶やカヌーなどの事故防止に、関係者は注意喚起をしています。
付近には、東山登山のほか、大崎観音で知られる大崎寺、安土城の血天井、義経隠れ岩、近江湖の辺(うみのべ)の道、海津・西浜・知内の水辺景観、などの散策や参詣が楽しめます。 
海津大崎  

展望台

スタンディングアップ・パドルボート

展望台からの眺望

大崎キャンプ場の桜の
展望台中腹からの眺望
展望台中腹からの竹生島望遠

湖岸

波切不動明王のある岩屋

展望台から琵琶湖岸俯瞰

波切不動明王

展望台から琵琶湖岸俯瞰

展望台(帰路)

海津大崎登山口:ここから東山へは急登
   
大崎寺(大崎観音)   

廃社三社:展望台の近くにあります

稲荷社

阿弥陀堂・湯釜所遠景

湯釜所
神社では鳴釜神事や湯立神事がありますが
仏事ではどのようなことをするのでしょうか

阿弥陀堂

阿弥陀堂(安土の血天井)案内板

本堂からの阿弥陀堂

阿弥陀堂前からの本堂

本堂

本堂向拝
近江西国第9番札所の、大崎観音の名で人々に親しまれている大崎寺は、海津大崎の石段を上がった崖の上にあります。山号:石立山、寺号:大崎寺宝光寺、宗派:真言宗智山派、開基:泰澄大師、本尊:十一面千手観世音菩薩、中興:小野篁(遣唐使の1人)。
奈良興福寺の末寺で、隆盛を極めた頃は三十九の僧坊がありましたが、戦国時代に荒廃。「安土の血天井」として知られている大崎寺は、豊臣秀吉が諸国仏閣復興のひとつとして、大崎寺の堂宇を修復した折、安土城の血痕のついた城材を使かわれたと伝えられ、その後、本堂が改築された折、既存用材は阿弥陀堂の天井に再使用され、安土城戦没者の霊を慰めていると伝わります。

向拝寺号扁額

本堂軒先と桜と・・・・

大提灯

東山の中腹が背後に迫ります

本堂樹間からの大谷山・赤坂山展望

本堂側面

手水場

水鉢

階段からの本堂見上げ

苔むした境内

階段を見返る

崖が顕わな境内

湖岸道路俯瞰

船着き場俯瞰

大崎寺入口を境内側から

道標

大崎寺入口

道路の桜並木

湖岸風景

湖岸風景
   
近江湖の辺(うみのべ)の道  

湖の辺の道道標

中腹に大崎寺(大崎観音)

湖上風景

湖の辺の道散策

湖上風景

湖上風景

湖岸パノラマ

湖岸パノラマ

最左奥が箱館山

湖の辺の道散策

歩き疲れて、一休み・・・・

東山側を向けば・・・・

中腹に大前神社(旧社)があります

大前神社拝登口

義経隠れ岩の案内板

義経隠れ岩

湖の辺の道散策

湖の辺の道散策

海津大崎湖岸園地の桜

園地看板

園地からの西側展望:正面はマキノ市街

園地からの東側展望:半島突端が海津大崎
   
海津の水辺景観  

重要文化的景観の案内板

道路から里道を抜け湖岸に出ることができます
 海津地区には「石積み」と呼ばれるものがあります
これは、湖岸に作られた風波を防ぐためのもので、約1.2kmに渡って海津の町を守っています
また高島市の「海津・西浜・知内」の水辺の景観は、重要文化的景観に指定されています
石積み・倉庫・町屋など、江戸時代から残る歴史あるものが残り
時間を持って、ゆっくりと周辺を散策したいものです

石組み

湖岸際まで迫り出した町屋

湖岸パノラマ

東山パノラマ

カヌーを楽しむ家族連れ

河口からの南側展望
   
山聲-TOP