探訪記-滋賀湖北
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
しものもりじんじゃ 概要 由緒記によると、皇大神宮とあります。天照皇大御神と素戔男大神を祀ります。創建は、延暦8年(789)、、参議兼兵部卿一橋朝臣奈良麿公が、都より当所に赴任の際に、護身の神として、上記二柱を保持されていたことに始まると伝わります。当時、この地は巨木が茂り、霊地のようで、ここに二神を祀り、尊崇を集めました。卿が任務を終え、都に帰るに際し、二柱の大神を長くこの地に鎮座せられ、以来この地を大杉と称し、祭祀怠ることなし、との言い伝えがあります。
下之森神社
地  域 25ns:虎御前山/北東SW
Mapion 滋賀県浅井町野瀬
山行日 2016.05.13、(晴)
秋葉神社鳥居神額
下森社鳥居
拝 殿
クリックで拡大
鳥居(名残見)
拝殿右脇から境内見返り
下森社鳥居と秋葉神社鳥居
秋葉神社
秋葉神社鳥居と神馬
天吉寺山西尾根登山道から拝殿俯瞰
高台より本殿俯瞰
本殿左正面
本殿右正面
右奥:本殿、正面奥:下森社
手水舎吐水龍
手水舎
由緒石碑
境内、正面:拝殿、右:手水舎
鳥居神額『下之森神社』
階段参道
山聲-TOP