探訪記-静岡遠江
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
りゅうがしどう 概要 昭和56年(1981)に、地主の許可を得て洞窟愛好家の二名が発見した鍾乳洞。大正時代から、コウモリが岩から飛び出すなど、鍾乳洞の存在が知られていた付近一帯は、地元の子どもたちの遊び場だったといわれます。赤石山脈の支脈に位置する竜ヶ石山(りゅうがしやま)にあり、総延長1046mの内、400mが一般公開されています。洞窟の天井から落ちる30mの滝が見どころです。
はお、同地区にある方広寺との共通セット券の利用がお得です。
竜ヶ岩洞
地  域 22:伊平/南西S
Mapion 静岡県浜松市北区
山行日 2015.11.04、(晴)

竜ヶ岩洞入口

鍾乳洞の内部、鍾乳石のいろいろ

地底滝、落差:約30m

地底滝、落差:約30m

鍾乳洞の内部

鍾乳洞のある山
   
山聲-TOP