探訪記-静岡遠江
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
いいじんじゃ-てんぱくいわくら 概要 渭伊神社は、井戸や井水を祭祀対象とした神社であったと思われ、往古より渭伊27郷の産土神で旧地頭の近藤氏の崇敬も篤かったとあります。元は龍潭寺の境内にあり、南北朝争乱の時に現在地に遷座。天白磐座遺跡は、渭伊神社本殿の後方にある高さ41mの小丘陵の頂上(薬師山)に、40m四方にわたって数個の巨石が点在する古墳時代の巨石祭祀遺跡。古代人の宗教観、農耕文化等 を解明する重要な手がかりとして注目されています。
渭伊神社-天白磐座
地  域 22:伊平/北西S
Mapion 静岡県浜松市北区
山行日 2015.11.04、(晴)

渭伊神社の磐座 案内板

手水鉢:上屋は只今工事中

御神木「天生杉(てんしょうすぎ)」

境内

渭伊神社・神社御祭神鎮座図

拝殿正面

拝殿左正面

榊本稲荷社・金山社・渭伊神社本殿

若宮八幡社・水神社・御鍬社・菅原社 

英霊社・稲荷社・祖霊社 

天白磐座遺跡入口、社の左側を進む

天白磐座(てんぱくいわくら)遺跡




人物比較、磐座裏側

磐座裏側


渭伊神社境内(帰路)

渭伊神社の杜:中央
   
山聲-TOP