探訪記-静岡遠江
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
しょさん-ほうりんじ 概要 旗本近藤貞用が寛文4年(1664)に中国僧の独湛(どくたん)禅師を招いて開創した黄檗宗の寺院。本尊:釈迦三尊。数十人の雲水(修行僧)が禅を探究する黄檗禅の専門道場として栄え、中国明朝風様式で建てられた佛殿(重文)と方丈(重文)は、創建当時の面影を残し、数多くの諸仏を祀られています。また、叩くと澄んだ音が鳴る「金鳴石(きんめいせき)」は、金運上昇・商売繁盛の御利益(金のなる石)があると伝えられる不思議な石が人気です。
初山-宝林寺
地  域 22:気賀/南東W
Mapion 静岡県浜松市北区
山行日 2015.11.04、(晴)

山門 詳細はこちらから

山門前から正面に仏殿

仏殿左正面

仏殿(重文)正面

仏殿右側面

仏殿背面、中央は一之拝門、右は手水舎

仏殿右背面

仏殿全面向拝部を左側面から

仏殿左側面

仏殿正面入り口

仏殿山号扁額「宝林禅寺」

正面入り口内部から、障子の桟

仏殿背面扁額「蔵経所}

一之拝門 詳細はこちらから

報恩堂右正面、開基近藤家の位牌を安置

宝恩堂正面、開基近藤家の位牌を安置

報恩堂扁額「報恩堂」

内部扁額「正法眼」

仏殿(重文)正面

仏殿前面縁側

仏殿扁額「方丈」

方丈左側面縁側

方丈左正面見上げ

方丈玄関わきにある水琴窟

方丈左背面

方丈左側面

方丈裏高台にある石佛五如来

石佛五如来
左から、阿弥陀如来・釈迦如来・大日如来・薬師如来・寶生如来 

手水舎

方丈前から龍文堂、大きな杉「猿候杉」
「猿候杉(えんこうすぎ)」
樹齢:350年(推定)、樹高:20m、幹周:3m
独湛禅師御手植えの杉
主に茶花に用いられることの多い杉で、巨木は珍しいそうです
寄り添うように並んでいることから「夫婦杉」と親しまれ
宝林寺鎮守龍文坊大権現を祀る龍文堂の鳥居(結界)として
特異な存在感を示しています
(現地案内板:奥浜名湖観光連絡協議会) 

龍文堂右正面

龍文堂前にある生飯台
「龍文坊さま」のお話

今から300年ほど前、祝田村に神童と呼ばれる子供がいました。
その子供が、初代住職の独湛(どくたん)禅師とあううちに、住職の偉大さを知り
僧になることを決意、名を「龍文」と改め禅師の弟子になりました
その時代、寺には大勢の修行僧がいましたが
中でも龍文は非凡な才能を発揮し、禅師の補佐ができるまでになりました
ある夜、龍文は裏山に入ったきり帰っては来ることはありませんでした
その夜、初山宝林の総本山である萬福寺の庫裡やが火事になり
この時「初山の龍文」と名乗る僧が火を消したと伝えられています

この宝林寺が300年も厄災もなく続いたのは
龍文さまの守護あればこそと、昔の禅堂の跡に「龍文堂」を建てました
現在でも「火伏せ」、「家内安全」、「商売繁盛」の神として信仰されています
(現地案内板:いにしえのまちづくりの会)

龍王堂前の手水鉢

屋根瓦の一部

金鳴石と阿弥陀三石仏

金名石「支那金鳴石初山栄寶」と彫られる
金鳴石(きんめいせき)
独湛禅師が中国より持参されたと言い伝えられる摩訶不思議な石
叩くと澄んだ音が鳴ることから「金鳴石」と呼ばれ
商売繁盛の石「お金のなる石」、「宝くじの当たる石」としてお参りが絶えない
まず、龍文さまに願い事をして金鳴石を叩くとその願い事が叶う
(現地案内板) 

阿弥陀三石仏

梵音堂跡(ぼんのうどう、観音堂のこと)

名残の仏殿正面

放生池に咲くホテイアオキの花
   
山聲-TOP