山悠遊-長野県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
しおだたいらこじたんぽう ルート 大法寺(13:50/14:30)〜生島足島神社(14:50/15:10)
〜前山寺(15:25/15:50)〜安楽寺(04:05/04:20日没)
〜安楽寺(翌日再訪(08:20/09:10)
塩田平古寺探訪
地  域 20:別所温泉/南西S 概要 塩田平は、上田盆地の千曲川左岸にある河岸段丘で、鎌倉時代に塩田流北条氏の居城となった塩田城があったことから、「信州の鎌倉」の異名を持ち、古社寺が多く存在します。自然環境が豊かで、「遊歩百選」、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれています。お薦めは、安楽寺八角三重塔(国宝、木造で唯一の八角堂)、前山寺三重塔(重文、未完成の完成の塔と言わる)。さらに、別所温泉の北側の山を越えたところの青木村には、大法寺三重塔(国宝、初層が大きいのが特徴)。それぞれ個性派の三重塔で、まとめて訪れることで、各々の特徴がよくわかり、より味わい深い古建築鑑賞が楽しめるます。時間が許せば、龍光院(鐘楼の棟に北条氏の「紋」が飾られている)、中禅寺(薬師堂(重文)、石造五輪塔)、常楽寺(石造多宝塔(重文)鎌倉時代には天台教学の道場として栄える)、生島足島神社(信濃屈指の古社)などがあります。
Mapion 長野県上田市
標  高 ―m/―m=―m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、☆
山行日 2016.11.03、(晴)
形  態 前後泊、3名
時  間 所要01:50/歩行―
アクセス 自家用車、06:00
備  考 特に支障なし
大法寺三重塔(国宝)
    詳細はこちらから
前山寺三重塔(重文)
    詳細はこちらから
安楽寺八角三重塔(国宝)
    詳細はこちらから
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
生島足島神社 詳細はこちらから
前山寺駐車場からの塩田平
山聲-TOP