探訪記-山形庄内
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
つるおか-ちどうはくぶつかん 概要 致道博物館の名称は、旧庄内藩の藩校「致道館」に由来し、同藩校で使用されていた文物や用具に加え、庄内地方の民俗資料が収蔵・展示されています。その他、近隣の歴史的建造物も敷地内に移設保存されています。一帯は旧庄内藩の藩庁が置かれた鶴ヶ岡城の域内にあたり、旧藩主家当主酒井忠良が土地建物を所有していた土地建物及び文化財等を、昭和25年(1950)、酒井氏から寄付されたものを公益法人化、同法人が管理。
鶴岡-致道博物館
地  域 06:鶴岡/北東NW
Mapion 山形県鶴岡市馬場町
山行日 2015.09.13、(曇/雨)
ハギの花が雨の雫を・・・・
旧庄内藩主御隠殿の茶室と書院外観、書院で呈茶有、維新時の西郷隆盛の話などいたしました
駐車場、左に旧西田川郡役所、左奥の方に鶴ヶ丘城址があります、タイムオーバーで省略
庭園に何故か石仏や五輪塔・同祖神が・・・・
酒井氏庭園(国指定名勝)
田麦俣多層民家:旧渋谷家住宅(重文)
旧庄内藩主御隠殿
旧鶴岡警察署庁舎(重文、工事中)
旧西田川郡役所(重文):通用口小庇
旧西田川郡役所(重文):屋根飾り約物見上げ
旧西田川郡役所(重文):屋根飾り役物
旧西田川郡役所(重文)時計塔
旧西田川郡役所(重文)、内部:資料館
クリックで拡大
案内板(現地看板)
赤門(薬医門:三間一戸)
山聲-TOP