倉庫棟裏側のケヤキ並木、自然の空調設備
最上川河口付近
街角に立つ標識
酒田町奉行所跡、冠木門(正面:復元)
酒田町奉行所跡、冠木門(背面:復元)
探訪記-山形庄内
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
さんきょそうこ 概要 山居倉庫は、土蔵造りの米穀倉庫です。二重屋根とし、湿気防止機能を有する構造で、外部のケヤキ並木と自然を利用した現在でいうエコ活用された施設です。12棟が残り、一部が資料館や観光物産館として一般開放されています。明治26年(1893年)、米穀取引所の付属倉庫として建設され、所轄を移しながら現在も運用されています。敷地は、川の中洲(山居島)で港が近く、舟運にも適していました。 NHKの連続テレビ小説「おしん」のロケ地。
山居倉庫
地  域 06:酒田南部/北東NW
Mapion 山形県酒田市山居
山行日 2015.09.14、(晴)
中間にあるポーチ、ここから船着き場に出る、豪雪地域なのに庇が大きく出る大胆な設計
百葉箱、温度管理には絶対必要・・・・
倉庫棟の中間にある中庭
倉庫の内部、建設から120年経た現在も現役
倉庫棟中間にある通路(渡廊下)
風情を楽しむ散策路にも、当時ここまで計算されていたのでしょうか
紅葉の名所だそうです、上を見上げれば・・・・
船着場から見た川、対岸は市街地、上流は右側
船着場
小鵜飼(うがい)舟、最上川舟運において使用
酒田町奉行所跡
対岸からの倉庫棟
橋上からの倉庫棟、つたに絡まれた建物も当時のもの
橋上からの倉庫棟
市街地を結ぶ山居橋(さんきょばし)
渡廊下
切妻二重屋根部
二重屋根
人影が亡くなるのを待って・・・・
切妻屋根が並ぶ、建設当初は14棟並んでいたそうです、現在12棟残る
倉庫入口、今でいうプラットフォーム側
倉庫棟裏側
山聲-TOP