探訪記-山形酒田
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
ふくら-じゅうろくらかんいわ 概要 吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海で命を失った諸霊の供養と海上安全を願って、1864年に造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年の歳月をかけ、16の羅漢に仏や菩薩などの六像を合わせて22体の磨崖仏を岩礁に刻みました。。眺望台からは、夕日や飛島が望まれます。南側磯場にある出羽二見は、自然の芸術的景観で、対をなすその姿から夫婦岩とも呼ばれています。
吹浦-十六羅漢岩
地  域 06:十里束/北東NE
Mapion 山形県遊佐町
山行日 2015.09.14、(晴)
羅漢像
羅漢岩のサンセット
潜り岩
道路から夫婦岩を俯瞰
出羽二見(夫婦岩)
芭蕉句碑
「 あつみ山や 吹浦かけて 夕涼み 」 
羅漢岩から出羽二見への遊歩道
十六羅漢岩
飛 島
 ↓
山聲-TOP